ブランディングとは?正しく理解しておこう

リアルビジネス・ネットビジネスにかぎらずどんなビジネスでも
マーケティングにかかわる方なら『ブランディング』という言葉を一度や二度は聞いたことがあると思います。

 

 

しかし、ブランディングってなに?と聞かれるとどう説明すればいいかわからないって方もいると思います。

 

 

これからのビジネスは、ブランディングで成功するか失敗するかで大きく差が出てきます。

 

 

ブランディングに成功すれば、たとえ高い価格で販売していたとしてもお客さんに選ばれつづけられ、安定した集客と売上が期待できます。
しかし失敗してしまうと、価格競争に巻き込まれるようになり、売上は下がり、集客は不安定といった状態になりかねません。

 

 

そこで今回は『ブランディング』ってなに?って方に、その意味を解説し、ブランディングとはなにかをお伝えしていきたいと思います。

 

 

そもそもブランドとは?

あなたは『ブランド』と聞くとどのようなものを想像するでしょうか?

 

 

おそらくあなたは最初に『VUITTON』や『ROLEX』、『レクサス』などといった高級ブランド品を思い浮かべたと思います。

 

 

しかしブランド品とはなにもVUITTONやROLEXといった高級品だけでなくダイソーなどで売られている100円の商品も立派なブランド品です。

 

 

ブランド=高級品

 

 

ではなく

 

 

ブランド=お客様に自社の商品・サービスと似ている他社の商品・サービスをと識別してもらうための記号(ロゴ)やイメージ・名称などのことです。

 

 

 

 

 

ブランディングとは?

さきほどお話したように『ブランド』とは様々な要素が合わさって作り出されます。

 

 

そしてその『ブランド』を消費者の方に認知してもらい、市場におけるニーズ(需要)を知り自社の商品やサービスの強みを明確にしていくことが『ブランディング』といいます。

 

 

たとえば

 

 

『吸引力の変わらないただ一つの掃除機』

 

 

というキャッチフレーズだけであなたは『ダイソンの掃除機だな』と思ったはずです。

 

 

このようにイメージをターゲット市場に浸透させていくことがブランディングという活動の目的です。

 

 

なぜブランディングが必要なのか

じつは企業の中にもブランディングを目的とした企業活動を行っていない企業はたくさんあります。

 

 

では、企業もしていないブランディングがなぜ必要なのでしょうか?

 

 

それはブランディングが成功することによって、集客・販売・PRなどあらゆる面で他社の商品・サービスより有利に進めることができるからです。

 

 

ブランディングを行うことで、自分の商品・サービスがどう思われたいかなどを明確にし、ターゲットの市場において

 

 

『○○○といえばあの商品だな』

 

 

と消費者の意識に根付かせることができます。

 

 

例えば

 

 

『安くハンバーガーを食べるならマクドナルドだな』

 

 

というイメージが浸透していれば、多額の広告費をつかって集客をおこなわなくても
お客様に来てもらうことができるようになります。

 

 

広告費を減らすことができれば新しい商品の開発に予算を回すことができますし
このブランドを確立させることで競合他社との価格競争に巻き込まれることなく企業活動を続けることができます。

 

 

ブランディングとは何をしていくのか

ここまででブランディングとは一体何なのかはわかっていただけたと思います。

 

 

ここからはどうやってブランディングを行うのかについてお話しします。

 

 

そもそもブランディングには決まった方法があるわけではありません。

 

 

ブランディングとは消費者の共感や支持を獲得・拡大し、お客様にとっての価値を最大限高めていくことです。

 

 

なので、まずは自社のブランドの価値を正しくお客様に伝わるようにして

 

 

  • ブログ
  • 広告
  • PR
  • SNS

 

 

などを活用するなどして様々な施策を打っていくと良いでしょう。

 

 

例として、自社の商品を『高級品』として扱っていきたいのであれば、ブログやSNS、広告などで『安い・お得』など低価格を連想させるようなワードは使うべきではありません。

 

 

なのであらかじめどのようなターゲットに何を伝えるのかはあらかじめ明確にしておく必要があります。

 

 

自社の商品やサービスを正しく理解しておくことはマーケティングの基本ではありますがそれはブランディングにも同じことがいえます。

 

 

さきほどお話したようにブランディングとはお客様に対して自社の商品やサービスの価値をわかりやすく伝えていく活動です。

 

 

何を伝えるか、どの商品にどのような価値があるのかをちゃんと知っておかなければ、お客様に伝えるべきことを組み立てることはできません。

 

 

まだ、自社の商品やサービスについて深く理解できていない部分があるのであれば、まずは商品やサービスを理解することからはじめましょう。

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

 

 

ここまで、ブランディングとは何か、どんなメリットがあるのか、ブランディングをおこなう際の注意点などをお話させていただきました。

 

 

様々な商品やサービスが飽和している現在では今後、ますますブランディングは重要な要素になってくると思います。

 

 

自社商品・お客様・競合相手を正しく理解して、事業の成功に向け効果的にブランディングしていきましょう。


トップへ戻る